国内旅行は何度も楽しめる。-季節で異なる名所の雰囲気-

一昔前は新婚旅行で賑わった宮崎県は南国のイメージがあり、夏の国内旅行の行き先に選ぶ方が多いです。
そんな宮崎県には国内でも珍しい面白い所が何ヶ所もあります。

その内の一つとしてサンメッセ日南という大きなモアイ像が何体も並んで置いてある観光地があります。
実はこのモアイ像、かのイースター島のモアイを真似て作った物であり実際にイースター島のお偉いさんから許可を得ているとの事です。
サンメッセ日南は海に面しており景色も素晴らしく、ここに辿り着くまで海沿いをはしることになるのでとても良いドライブにもなります。

また、近くには宇戸神宮があり、海にある亀の甲羅にお金が入れば願いが叶うと言われており毎年大勢の旅行客が集まります。
宮崎県の北部にいくと天孫降臨で有名な高千穂侠があります。

旅行店で宮崎県の観光パンフレットにも載っていますが、川下りで国内でも有名な所でまさに大自然を直に体感でき森林浴をするにはうってつけといった所でしょう。
九州の小京都と呼ばれる飫肥の城下町は昔ながらの風情が残っており、ここの飫肥てんと呼ばれる食べ物は絶品で、一見どんな味がするか想像も出来ませんが一度口にしてみると癖になってしまうことでしょう。

国内旅行で迷っておられる方はぜひ宮崎に足を運んでみると良いと思います。